日本の財政破綻がもたらすもの

日本が財政破綻をしたらハイパーインフレが国民がたいへんな状況に追い込まれるとか、安倍政権の財政対策が間違っているから財政破綻に追い込まれてたいへんなことになる。という論調を良くみかけます。

ただ、その殆どが「大変なことになる大変だ、政府が悪い安倍政権が悪い」と騒いでいるばかりで破綻を防ぐ対策や、実際に財政破綻が起きたらどうなるかについて具体的に論じたものは見当たりません。

私は常々、財政破綻に追い込まれた方がむしろ日本のためになるのではないかと感じているのでその件について掘り下げてみたいと思います。

現時点ではっきりしていること

破綻論者は「破綻は政府の対応が悪いせいで起きる。」と声高に叫ぶのが常ですが、ではどうすれば破綻を防げるかについてきちんと論じているものは目にしたことがありません。

財政破綻論者の主張  政府が悪い→政権交代が必要だ。

結局は自民党が下野すれば良いと言っているだけのことが多いのですが。
かつて民主党が政権を取った時のことやその後の言葉遊びで政権を非難するしか能のない野党の状態を見るだけでそのような主張には一瞥の価値もないことだけははっきりとしています。

だいたい世界のどの国でも景気を維持して財政破綻を起こさないようにすることは、自分の国を守ろうとする政治家と金融専門家が必死におこなっている政権の最大目標です。
自分の国を守ることは他国との競争に勝ち抜くことでもあり、自国より隣の国が大切であったり自国民より他国民の人権を大切にする政治家には到底できることではありません。

財政破綻の原因 税収 < 支出

財政破綻に至る原因は明快で税収よりも支出が上回るからです。
今の日本の状態を見ると人件費だけで税収を上回っておりそれに環境や国民の生活を維持するためのサービスや社会福祉費をプラスすると財政が破たんしないのがおかしい状態となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)