河野外相態度軟化の印象報道で考えたツイッターの効用

トランプ大統領はツイッターを利用して大統領の座を勝ち取ったと言われていて、既存メディア側の人間はツイッターに対して否定的なスタンスを取っています。

トランプの「ツイッター政治」に、ついにアメリカ国民が飽き始めた

トランプ米大統領の勢いに翳りが見え始めてきた。といっても、政治的評価の面ではとっくの昔に起きていたことだ。ここにきて曲がり角に来ているのは、トランプ大統領の最強の、というか、唯一の武器である、ツイッター戦略そのものなのである。
6月22日から27日に行われた調査(クイニピアック大学実施)では、61%の回答者がトランプ大統領はツイッターを止めるべきだと答えている。続けるべきだと答えた割合は32%に留まっている。
この調査は、トランプ大統領がMSNBCのニュース番組「モーニング・ジョー」のアンカーウーマンのミカ・ブルゼジンスキーに批判されたことを受けて、同女史をツイッターで「整形した顔から血がひどく流れている」と誹謗中傷する内容を書いた後に行われたものである。


誰のチェックも受けない大統領発言

これは2017年7月14日の現代ビジネスの記事です、この著者の期待に反して一年以上経過してもトランプ大統領はツイッターを最大限に活用して一定の支持を得ています。
 マスゴミはさりげなく自分の都合の良いように印象操作をするのが得意ですが、これはトランプ大統領が失言とも言える誹謗中傷をツイッターに書いた直後の調査であり、素直に考えれば「あれだけ酷い発言をしてまだ支持率がそんなにあるのか!」と驚くべきことではないでしょうか。
 それをもとに「トランプ米大統領の勢いに翳りが見え始めてきた」と見るのは最初しか読まない人にトランプ大統領に負のイメージを与えようとする印象操作でしかありません。

誰のチェックも受けない大統領発言が悪いのか?

この記事では次のページに「誰のチェックも受けない大統領発言」とタイトルをつけています、これは誰のチェックも受けない政治家の発言は良くないのが常識だと言っているのでしょう。

しかし、民主主義国家で大統領の発言がストレートに国民に伝わることで誰が不利益を被るのでしょうか。
 大統領発言は何ら法的拘束力を持っている訳でもありませんし、うっかり不用意な発言をすればこの記事を書いたような人達が大喜びで批判記事を書き、場合によっては大統領本人の政治的立場が危うくなるだけです。
 トランプ大統領はそのリスクを当然把握している筈ですが、それでもツイッターで生の声を伝え続けようとする努力は大したものだと思います。

マスゴミは自分たちのフィルターを通さずに政治家の声が直接国民に伝わるのが気に入らない

国民にとって政治家の生の声が聴ける機会が増えることは良いことです。
 演説では脚本家の力を借りて綺麗ごとを並べて国民を欺くことが出来ますがツイッターの書き込みを続けていれば嫌でもその人の本音が伝わってしまいます。
 国民にとって困るのは選挙演説で心にもない綺麗ごとを並べて当選したら全く別の顔を見せる民主党議員のような政治家です。
 香山リカとその仲間達がツイッターの使用で在日に対する評価を下げ続けているのが、本音を評価される実例で、もし文大統領がツイッターを使ってくれればさぞかし面白いネタが手に入るだろうと思います。
 ようするにマスゴミは自分たちが印象操作を出来なくなるのが気に入らないと言っているだけではないでしょうか。
 河野外相にもツイッターを使って生の声を国民に伝えてマスゴミの印象操作を潰して欲しいものです。(ちょっと調べたら河野外相は既にツイッターで情報発信をしていて、中央日報が取り上げた記者会見の件についても言及されています、勉強不足で失礼しました。自民党ではマスゴミの偏向報道対策としてツイッターの使用が推奨されているのかも知れません。)

トランプ大統領は戦略的意図でツイッターを活用しているのか

韓国メディアの河野外相発言曲解報道から冒頭の記事にある日本メディアの印象操作報道について考えているうちに、トランプ大統領のツイッター活用は明確な情報戦略的意図を持っておこなわれているのではないかと思えてきました。

マスゴミの印象操作と政治家の欺瞞を防ぐツイッター

ツイッターのように政治家の生の声を公開するツールは反日の意図で政治家を貶めようとするマスゴミの印象操作を防ぎ、綺麗事を並べて当選する政治家の駆逐に役立ちます。
 河野外相もツイッターを活用してさらに生の情報を発信して頂きたいものだと思います。

トランプ大統領のツイッターをチェックしていれば似非評論家より興味深い記事を書くことが出来る

新宿会計士さんのブログにトランプ大統領のツイッターをもとにした記事がありました。
あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中!
この記事はどこよりも早くトランプ大統領の動きを独自の分析で書いてありとても興味深いものでした。
 おそらく肩書だけは立派だけれども反日テンプレートを使うことしかできないサヨク界隈のライター達には真似が出来ないだろうと感心したものです。
 サヨク達は反日テンプレートを使って中身の無い偏向記事を粗製乱造するのが得意でネットは左寄りの読む価値もない記事で溢れています。
 政治家のツイッターをネタにして少しでも中身のある記事が増えてくれれば嬉しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)