安倍は韓国を敵対国家と見ているのか

世界日報:レーダー照射事件に関する日本の対応を非難「アベが-」

世界日報にレーダー照射事件に関して「安倍は韓国を敵対国家と見ているのか」という日本を強く非難する記事がありました。
 レーダー照射事件については新宿会計士さんの 正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる?に最新の動向が興味深い解説付きで紹介されています。
 世界日報の記事はハングルなのでこれに関するシンシアリーさんの記事を紹介します。

記事は基本的に『北朝鮮が核実験やICBM発射を中止したことで日本のもっとも大きな安保上の脅威は解消された』としながら、『だから、安保の脅威はまだまだあるということをアピールするために安倍政権が韓国を利用している』という趣旨になります。そして、最後の結論部分はこうなっています。
<・・問題は、安倍政権が「パンドラの箱」を開けた点だ。安保分野は、冷却された韓日関係を支える最後の砦だ。国の運命と安全保障の協力は、相互の信頼なしに持続することができない。米国という変数のおかげで完全な破局は避けることができるだろうけど、信頼の毀損による安全保障協力の動力の低下は避けられない・・
・・広開土大王艦のレーダー議論は、両国の外交当局によって収束局面に入った。しかし、北朝鮮という脅威によって維持された韓日安全保障協力の新たな枠組みが作られる前に発生したレーダー議論は、両国の軍事関係に見えない内傷を負わせた。レーダー議論を契機に、「日本との安全保障協力をする必要があるのか」という主張が頭を上げてきた状況で、一度ねじられた韓日軍事関係が今後どのように展開されるか、注視しなければならない理由だ>

シンシアリーのブログ

日本の強硬な態度に全ての韓国メディアがオロオロしているのかと思ったら久し振りに勇ましい記事を見ました。
 ただ、この記事はハングルで書かれたもので日本語版は見当たらないようです。
ということは、これが日本人の目を気にしない韓国人の本音かもしれません。
 今更取り繕っても日韓関係は既に破綻に向かって進むしかないのですから韓国メディアは是非この調子で、日本語版の記事でも日本を非難して日本の嫌韓をさらに煽っていただきたいと思います。

安倍は韓国を敵対国家と見ている…と思います

昨今は普通の日本国民でも反日無しでは政権が崩壊してしまう韓国の内情を知っています。
 反日マスゴミのバックアップを受けた帰化朝鮮人だらけの野党に悩まされている安倍首相に韓国を敵対国家と位置付けるだけの見識がなければ安倍政権はとっくに退陣させられていた筈です。
  在日朝鮮人だらけの 反日メディアによる影響を無視することが出来ない現状では政府を運営するために仕方なく韓国に対して甘い態度を取ってきただけのことです。
 その証拠として、日韓の仲を取り持とうと余計なお世話をしたオバマ大統領が退陣し、徴用工判決に続いてレーダー照射事件で自滅行為を繰り返す韓国のおかげで国内の反日勢力の勢いが衰えるのと反比例して、日本政府から強硬な主張が出てきています=日本政府が本音を出すことが出来るようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)