日本の堪忍袋の緒が切れた2018年、韓国が海乱鬼の恐ろしさを思い知る2019年

日本(海乱鬼)の堪忍袋の緒が切れた2018年

 2018年は韓国に対する日本人(海乱鬼)の堪忍袋の緒が切れた年でした。
  海乱鬼(かいらぎ)とは日本人の事を指す朝鮮語です。騙しやすくおとなしいが堪忍袋の緒が切れると豹変し鬼のように恐ろしい日本人と言う意味だそうです。
 戦後海乱鬼という言葉を忘れた韓国人ばかりになって、在日朝鮮人と韓国政府が好き勝手な嘘を言い続けて日本に集ってきました。
 2019年は韓国が堪忍袋の緒が切れた日本の恐ろしさを思い知る年になりそうです。

恐ろしい日本人という意味の海乱鬼(朝鮮語)について

 海乱鬼という言葉は戦前の朝鮮半島で頻繁に使われていたそうです。
 普段はおとなしくて騙しやすいが堪忍袋の緒が切れると鬼のように恐ろしい行動を取る日本人の性質を的確に表しています。
 海乱鬼についてわかりやすく説明してあるサイトから引用させていただきます。

海乱鬼(かいらぎ)という言葉があります。日本人の事を指す朝鮮語です。戦前には頻繁に使われていた様ですが、今では韓国の年配の方ぐらいしか使っていないそうです。恐ろしい日本人と言う意味だそうです。

ある日本人が昔、日本人は手漕ぎの舟でいろんな品を積んで商売にやってきたそうです。しかし、素直で疑う事を知らないので、すぐ騙されて商品をとられてしまいます。
一年目、身ぐるみをはがされてしょんぼりと帰ります。次の年もやってくるんですが、また、騙されてしょんぼりとして帰ります。
そして、次の年も商品を積んできて、騙されて、全部、品物を全部とられてしまいました。
そしたら、自分の服と、乗ってきた船を燃やしました。それから、日本刀を抜き、目の前にいたすべての人を殺し自分も自害して果てたそうです。
日本人はすぐ騙されるが、騙され続けると最後には、怒って何をするかわからない、だから日本人は騙してはいけないと言う事を伝えるお話だそうです。
実は、この様な話は半島に限った話ではなく、東南アジアの様々な国で同じ様な逸話が語られています。
日本人は騙しやすい、しかし、騙し続けると、ある一定の線を超えると急に鬼のように豹変するという話です。
私は、この話を聞いて、「海乱鬼」とは日本人の事を的確に表している言葉だと感じました。
日本人は他国民と比べてお人好しで人を疑わず騙されやすいのは事実です。しかし、我慢に我慢を続け、譲歩に譲歩を続けるのは、相手との妥協点を模索するからです。
しかし、相手に道理が通じない場合、堪忍袋の緒が切れて大爆発します。そもそも、日本人以外に「堪忍袋」という概念がありません。
今の日本人がお花畑だとか、戦前の日本人が好戦的だったというのではなく、同じ性質を持つ日本人で在り続け、戦前の日本人は我慢に我慢を続けた結果、「堪忍袋の緒が切れた」ので世論が暴走したのです。
今の日本も同じです。韓国との関係も、我慢に我慢を重ね、譲歩に譲歩を続けても改まらない韓国を見て「堪忍袋の緒」が切れかかっています。
歴史的な根拠の無い尖閣諸島を自国領だと勝手に宣言し、日本に威圧を続け、捏造歴史を世界に広める支那に切れかかっています。
好戦的な日本人も平和的なおとなしい日本人も同じ日本人です。性格が違うのではなく我慢をして耐えているか、堪忍袋の緒が切れたかの違いなのです。
戦前、戦争に向かった日本人の間違いは、政府が譲歩しすぎ国民の堪忍袋の緒が切れて暴走し、世論に逆らえなくなったからです。
コミンテルンのミスリードもありますが、その罠に飛び込んだのは有権者が我慢をしすぎて堪忍袋の緒が切れたからです。
今も同じです。外交で譲歩を続けると穏やかでおとなしい日本人は「海乱鬼(かいらぎ)」に変わって行きます。
政府は外交で有権者に我慢を強いる譲歩をすべきではありません。安倍総理大臣の支持率が高いのは、対外姿勢で他の歴代総理と比べ譲歩しないからです。
おとなしい人ほど、一旦切れると手が付けられないのです。そしてそれが日本人なのです。日本人が暴走しない為には外交で譲歩しない政府が必要なのです。

4789[韓国] 海乱鬼(かいらぎ)という朝鮮語がある。「恐ろしい日本人」という意味だそうだ。

お人よしの日本人を舐めて馬鹿にしていた在日朝鮮人

 在日朝鮮人の考え方が良くわかる資料として民主党政権が誕生する少し前に出回っていたスヒョン文書があります。
 スヒョン文書を書いたのが本当に在日であるかどうかは未だに謎です。
 しかし、ネットで堂々と反日的な言動を繰り返している在日朝鮮人達を見れば、彼らの考え方を的確に表した資料であることは間違いありません。
 これを見ると海乱鬼の甘い面だけを見て、これから日本人が彼らに見せる鬼の様な恐ろしさについては想像だにしていないのが良く判ります。

(無題) 投稿者: Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)14時22分19秒
しかし日本人はおもしろいですよね。
謝ることが美しいと思っているんですから。
講座の生徒が言ってましたが日本には濡れ衣を着るという思想の文化があるそうです。他人の罪を自分が変わって処罰されるところに喜びを感じるようです。
だからすぐ何かあるとスミマセンと言うのかな。
この前講座が終わってトッポギとマッコルリを出してあげたらみんなスミマセンと言ってましたよ。
なんで謝るんでしょうね?アリガトウではないの?
民族的マゾヒストなんでしょうかチョッパリは(^^)
そんなのだから戦争に負けるんですよね。
アベ首相が言ってる美しい国というのは、日本人全員が全韓国人に謝る国のことですよきっとね(^^)
マスコミ対策 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒
あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です
ここ数ヶ月の報道を思い出してください。
自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。
ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。
またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。
なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。
愚民対策とでも言いましょう。知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪

スヒョン文書

戦争で団結する日本人、バラバラに逃げ出す朝鮮人

 日本人が堪忍袋の緒が切れるまで我慢するのは民族として協調性が高いことの現れです。
 協調性を強要するようになると同調圧力となり日本人の負の側面になりますが、大きな自然災害や戦争の時には事故の犠牲も顧みず社会のために行動する美点があり、極端な例では神風特攻隊に志願してまで日本国内の家族を守ろうとします。
 一方、朝鮮人はレーダー照射の件でも勇ましいことを言っていますが朝鮮戦争の史実を見るとリーダーの李承晩、金日成までが敵におびえて逃げまどい米軍や中国軍に叱咤されている始末です。
 朝鮮の兵士は攻撃を受ける度に米軍の最新兵器を放り出して逃げ出して米軍に損害を与え、中国軍は絶好のカモとして朝鮮人部隊ばかりを狙ったという記録が残っています。
【朝鮮戦争の暗示 半島激動】弱すぎた韓国軍、米軍は激怒「韓国軍は頻繁に逃げ出した」
 もし北朝鮮主導で朝鮮半島が核を持ったまま統一されて日本に牙を剥いたとしても日本は毅然として対応するでしょうし、その時は彼らが海乱鬼の恐ろしさを身をもって知ることになるでしょう。

韓国人のウリとナムと戦意

韓国人はウリとナムで相手との関係を判断します。
 ウリとは日本語の仲間に近い概念ですが韓国人にとってナムは敵対する対象でしかなく、対等という概念が無いため相手が上ならこびへつらい、下なら奴隷扱いします。
 また、自分と同じ考え以外は認めないため韓国人の感性は本当の民主主義を受け入れることが出来ません。
 これが韓国政権がシーソーの様に極端に揺れ動き政権を追われた大統領が不幸な余生を送ることになる原因です。
 また、自分と違う考えを認めない結果、韓国人にとって本当のウリは自分自身しかいないことになります。
 そのため「自分の国を守るために戦う」という意識を持てないことが戦場でみっともなく逃げ出すことになるのだと考えられます。

 ウリは「我々」(一人称複数形)の意。韓国人、朝鮮民族全体を指す場合もある。自分と同じ考えの、またはそうであるべき人たち。ナムはウリ以外の存在。
「韓国人は同士(ウリ)と袂を分かってナムと見なすと、徹底的にナムを排除する傾向がある」

韓国人を理解するキーワード「ウリとナム」

日本人の堪忍袋の緒が切れた時は覚悟を決めた時

 日本人は協調性を持ち和を大事にします。
 しかし強調性を持ち一致団結するためには各自が自分と違う考えの人を認めて受け入れる我慢をしなければなりません。
 つまり日本人に協調性があるということは強い堪忍袋を持っていることでもあります。
 強い堪忍袋であるが故に堪忍袋の緒が切れた時は捨て身の覚悟を決めた時でもあります。
 「堪忍袋の緒が切れる」を「火病のヒステリー」くらいにしか理解できない韓国人には想像し得ないことですが、韓国に対して日本国家の堪忍袋の緒が切れたということは既に韓国と一戦を交える覚悟が出来たということではないでしょうか。

北朝鮮の核に憧れる韓国

 朝鮮人は全てを上下関係で判断し相手が上と思えばこびへつらい下と思えば残忍暴虐な態度を取ります。
 相手より上になる手段を手に入れることは韓国人にとって最大の憧れで、それが個人の上下を決めるお金に異常に執着する理由です。
 国家間の上下を決めるのは経済規模と軍事力です。
 核は最上位の兵器ですから韓国人は核さえ持てば日本を思うままに操ることが出来るという幻想を抱いている節があり、それが独裁者金正恩の危険性から目をそらして朝鮮半島統一に前のめりになる理由の一つではないでしょうか。

朝鮮半島の核に対峙する日本

 2019年以降に朝鮮半島が核を持ったまま統一される可能性はゼロではありません。
 仮に朝鮮半島が核を持ったまま統一されて日本に牙を向けた場合のシナリオを考えてみます。
 太平洋戦争で原爆が落とされても国民の戦意は失われなかった日本ですから、韓国人が夢見ているような「核を持った朝鮮国にひれ伏す日本」というシナリオはありません。
 文大統領のおかげで、日本は海乱鬼の鬼の面を韓国に向けることになり、いざとなれば日本は韓国と一戦を交える覚悟が出来ました。
 核を持った朝鮮半島と対峙することになれば当然日本も核を持たざるを得ないでしょう。
 その時になれば国内の反日勢力は勢いを失っていて国内でも核保有論が大勢を占めることになると思います。
 日本はプルトニウムを大量に保有しているためその気になれば核弾頭を作ることも出来ますが欧米と歩調を合わせるためにまずは米国の核の国内基地持ち込み公認から始めることになるでしょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)