電波オークションが実現すれば消費税減税が可能になる

電波オークション推進の声をあげよう

電波オークションにかんする話題は反日マスゴミにとって最も触れて欲しくないテーマです。

反日マスゴミ集団を切り崩すためには、電波オークションの実現を望む声を集めて政府に要望して電波オークションの導入を実現させることがとても有効な手段です。

消費税増税に関する報道に関していえば、消費税を導入したのは安倍政権が悪いという報道ばかりで本当の黒幕である財務省に対する非難をするTV新聞は全くありませんでした。

政権としては支持率の低下につながる消費税の導入は出来るだけ避けたいのが本音で、財政破綻がどうのこうのといっても自分たちの任期中におきる可能性がある切実な問題としては国民の支持率の方がはるかに大切です。
あの手この手で政権を虐めようとする財務省に押し切られて止む無く消費税を導入したのが実情なのですが、大手メディアがそれについて一切報道しないことが現在の日本にとって最大の問題であり、電波オークションの導入はその問題解決のための有力な手段となるのです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」は可能性の薄い連鎖ですが、電波オークションの導入には消費税減税を後押しする大きな効果があります。。
一人でも多くの方に電波オークション導入の声をあげていただきたいと願います。

電波オークションの導入が必要な理由

(1)電波オークションの導入は消費税減税につながる

電波オークションを導入すれば年間数千億円の財源になるからその分消費税を減税できるという説が前回電波オークションに関する議論が盛り上がった時に出ていました、確かに減税の原資となる貴重な財源が得られますが、それは本質的な問題ではありません。

消費税減税を実現するためには本当の黒幕である財務省を表に引っ張り出して叩き、本音では消費税増税をしたくない政治家を応援することが不可欠なのです。
財務省を含めた官僚組織が電波利権を使って既存メディアを操って政治家との駆け引きを自分たちの有利なように進めている訳で、電波オークションの導入は官僚組織の最大の武器を奪うという意味があるのです。

(2)電波オークションに反対する合理的な理由はない。

TV業界にとって電波オークションは死活問題ですから、以前麻生政権で電波オークションが検討されたときには「麻生総理はカップラーメンの値段もしらない。」などの幼稚な印象操作まで持ち出してマスコミ全てでヒステリックに政権を叩いて、政権を引きずり落とすことに成功しました。
注目すべきは「電波オークションの是非」についてまともに討論すればTV業界に勝ち目がないので徹底的な論点そらしとイメージ操作で政権攻撃をしたということです。
つまり、電波オークション導入に反対する合理的な理由などないからマスゴミは話題そらし作戦でごまかすしかなかったいうことです。
情報が多様化しマスゴミの報道しない自由作戦の効力が失われつつある今、電波オークション導入に関する話題がもういちど盛り上がれば電波オークション導入に賛成する人が大多数を占めることは間違いありません。
ブログ・Youtube・Twitterなどニュースソースが多様化している現在、再び政府が電波オークションの導入を検討することになり多くの人が電波オークションに関心を持つことにより様々な意見を発信するようになれば、日本国民にとって電波オークションの導入を躊躇する理由などないということがより明らかになるでしょう。

(3)電波オークション導入は反日マスゴミ弱体化の特効薬

反日勢力に乗っ取られたTV・新聞は反日プロパガンダのツールに成り下がり、自称公共放送のNHKも潜り込んだ在日・左翼勢力によって巧妙な反日報道を繰り返しています。
民主主義国家日本では正攻法でメディアの反日勢力を追い出し日本のために働くメディアに変えるのはハードルが高く実現の可能性はほとんどありません。

ただ、メディアの多様化により企業が宣伝広告費を出す相手はTVや新聞からネットに移り、TVは資金難で番組の質を落としそれによりさらにTVの宣伝広告費が減るという悪循環に陥っています。
電波オークションの導入で電波税の出費が加われば傾きかけている既存TV局の経営にさらなるダメージを与えることが出来ます。

(4)電波活用方法の見直しが日本の活性化に役立つ

現在まで電波はグローバルな情報伝達手段ととして考えられ、活用されてきましたが、現在ではグローバルな情報伝達手段としてはネットの方がはるかに優れたメディアになりました。
多様な情報発信が可能で地球の裏側の情報にも手が届き自動翻訳が言語の壁も崩そうとしている今、マスメディアとしての電波の必要性は無くなってしまったのです。
別の見方をすると全国に張り巡らされた電波網を少数の既得権で守られた情報発信者が握っているために情報が偏向し質が落ちるという問題の本質であると言えます。

スマホを持たないお年寄りの家でもTV受像機はあり、TVからの情報なら殆どの家庭に届くというメリットが電波というメディアにはありますし、家のテレビは見なくてもカーナビ付属のTVで番組を見ている人もいます。
電波オークション導入で電波資源を細かい地域単位で再分配すれば、民間企業が地域単位の情報サービスに活用することができますし、地方自治体で緊急情報の伝達や地域コミュニティの情報伝達にTVを活用するなどの色々なアイデアがうまれ地域活性化に大いに役立つはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)