敵が持ってきた新兵器を理解できなかった朝鮮

1500年代に日本に鉄砲が伝来し朝鮮半島では性理学(儒教)が本格的になったそうです。
 その後日本から朝鮮に鉄砲を持ち込んだ者がいましたが「朝鮮の技術は素晴らしいので他の技術など必要ない。」ということで倉庫にしまい込んだまま鉄砲の存在など忘れてしまったとか。

 目の前に迫っている奈落から目を背けて北朝鮮と統一すれば韓国の経済力と北の核で世界一立派な国になることが出来ると浮かれている現在の韓国は当時から全く進歩していません。
 この記事を書いた記者のように当時も庶民の中には先を見通して国を憂う人もいたのでしょうが現実が見えない人間を支配者として選んでしまうという民族性がもたらす悲劇なのでしょう。
 日本も民主党政権の時はマスゴミに踊らされて危機一髪のところまで行ってしまいました。
 ジャリタレが幅を利かせる日本は情に流されやすいという点で韓国人と共通したところがあるのかもしれません。
 ただ、本当の危機に面したときには韓国人と異なり団結して闘うことが出来るので、韓国が口先だけでなく本当に日本に向けてミサイルでも撃ってくれた方が日本のためには良いのかもしれないと思うこの頃です。

韓国と日本の力が逆転した時を振り返ると、1543年という非常に象徴的な年に行き着く。この年、日本には欧州から2丁の鉄砲が輸入された。朝鮮で周世鵬(チュ・セブン)が最初に書院を立てた年だ。日本は西洋の武器を手に入れ、朝鮮では性理学の書院時代が始まった。それから12年後、ある倭人が朝鮮に銃を持参し帰化を要請してきた。1589年には対馬の領主が鳥銃を献上した。しかし朝鮮の朝廷はこの新しい武器を倉庫にしまったままその存在さえ忘れてしまった。「朝鮮には昔から素晴らしい技術がある。他の技術などいらない」として無視したのだ。

【コラム】敵が持ってきた新兵器を理解できなかった朝鮮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)