2020年3月15日 武漢ウイルス感染者数推定

※チャイナ国内だけでなくWHOや二階等日本の政治家にも金をばらまいて情報戦を展開する支那共産党に抗議して新型肺炎を武漢肺炎、新型コロナウイルスを武漢ウイルスと表記します。

チャイナの感染者数は捏造の度合いが過ぎて小学生でもおかしいと気が付くレベルですが、日本のマスコミは習近平のプロパガンダ機関と化しています。
日本の正常化を進めるために電波オークションの実施が必要です

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にした推定感染者数算出  2020年3月15日

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

現在のダイヤモンドプリンセス基準算定致死率は1.0%です。

2020年3月10日 昼の国別感染者数・死者数・推定感染者数
worldmeter corona virusから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.01

感染者、死者、致死率(下の桁切り捨て)
696人、7人、  1.0% ダイヤモンドプリンセス

順位 感染者数  ======死者数=======推定感染者数
第1位 80,844人(+0.01%)、3,199人(+0.7%)、319,900人  (チャイナ) 
参考  40,021人(+12.4%)、1,756人(+14.6%)、175,600人  (EU連合)
第2位 21,157人(+16.5%)、1,441人(+12.1%)、46,300人 (イタリア)
第3位 12,729人(+10.7%)、611人(+15.9%)、61,100人 (イラン)
第4位 8,162人(+0.9%)、75人(+4%)、7,500人 (韓国) 

第5位 6,391人(+18.1%) 、196人(+32.1%)、19,600人 (スペイン)↑
第6位 4,559人(+19.4%) 、9人(+11.1%)、900人  (ドイツ)↑
第7位 4,469人(+18.1%) 、91人(+13.2%)、9,100人  (フランス)
第8位 2,976人(+23.2%) 、60人(+18.3%)、6,000人 (米国)
第9位 1,375人(17.2%) 、13人(15.4%)、1,300人  (スイス)
第10位 1,140人(30%) 、21人(47.6%)、2,100人  (英国)
第11位 1,109人(10.2%) 、3人(66.7%)、300人  (ノルウェー)
第12位 961人(28.5%) 、2人(50%)、200人  (スウェーデン)
第13位 959人(16.2%) 、12人(16.7%)、1,200人  (オランダ)
第14位 836人(3.8%) 、1人(100%)、100人  (デンマーク)
第15位 804人(+8.7%)、22人(+4.5%)、2,200人  (日本) 

国別の値と状況
感染者数(前日増加比)、死者数(前日増加比)、推定値

第1位 チャイナ
80,844人(+0.01%)、3,199人(+0.7%)、319,900人←真赤な嘘

チャイナ共産党が発表する数値は大嘘です

チャイナ国内の情報をほぼ統制出来たため、チャイナは既に危機を脱したと信じ込んでいる中国人も増えています。
問題は日本のマスゴミがチャイナが発表する数値をそのまま報道しているため、日本国内にもチャイナのプロパガンダに騙されている人が増えていることです。
支那人は韓国より遥かに巧妙な情報操作をおこないますから気が付いた時にはチャイナの経済的植民地となり香港やウイグルのような状況に陥る可能性もあります。

感染者増加率が0.01%、死者増加率は0.7%だそうです
ネットをほぼ抑えきったチャイナ国内の支那人は騙せても、さすがに世界は騙せないでしょう。朝日新聞は騙されているのか知っててやっているのか。

(参考) EU連合
40,021人(+12.4%)、1,756人(+14.6%)、175,600人

感染者の移動を制限するという国境の役割を考えるとEU連合は一つの大国とも言えます。
EU加盟国が上位を占め、かつ感染拡大の勢いを増しています。

第2位 イタリア
21,157人(+16.5%)、1,441人(+12.1%)、46,300人

イタリアの感染者が2万人を超えました、死者も千人を超えこのまま増え続けると嘘で固めたチャイナの公表値を超えそうな勢いです。。

 

第3位 イラン
12,729人(+10.7%)、611人(+15.9%)、61,100人

イランも韓国を抜いて1万人を超えました。
イタリアと同じように増加の勢いが止まりません。

イランの死者数は公表を遥かに超えるという情報もあります

第4位 韓国
8,162人(+0.9%)、75人(+4%)、7,500人

コロナ火病で大騒ぎの韓国ですが、意外にも感染の勢いが穏やかになり収束の傾向が見えています。

ソウルでは感染の火種がくすぶっているようですが、国全体としては案外うまくやったと言えるのかもしれません。

第5位 スペイン
6,391人(+18.1%) 、196人(+32.1%)、19,600人

スペインの感染者が拡大を続けて韓国の次になりました。
死者数が多いのが心配な状況です。

感染増加の勢いも激しくEU全体が深刻な状況です。

第6位 ドイツ
4,559人(+19.4%) 、9人(+11.1%)、900人

ドイツの感染拡大が止まりません。
感染者に比べて死者が非常に少ないのが他の国と異なっています。
どのような特殊要因があるのでしょうか。

第7位 フランス
1,412人(+14.4%) 、30人(+36.7%)、3,000人

フランスも感染者が増加していますが、ドイツよりは感染拡大の勢いが穏やかです。

第8位 米国
2,976人(+23.2%) 、60人(+18.3%)、6,000人

米国も十分な医療を受けられない人が多い国なので、検査数の拡大にともない感染者が急増する恐れがあります。

 

第9位 スイス
1,375人(17.2%) 、13人(15.4%)、1,300人

スイスはEU加盟国ではありませんが感染者が急増しています。
支那人の観光客が多かったせいでしょうか。

第10位 英国
1,140人(30%) 、21人(47.6%)、2,100人

感染者と死者がともに急増しています。

第15位 日本
804人(+8.7%)、22人(+4.5%)、2,200人

日本の死者が22人になり、2000人強の潜在感染者がいることを示しています。
西欧諸国に比べると感染拡大の勢いはゆるやかですが、まだ収束の傾向は見えていません。

 

 

 

2020年3月10日 武漢ウイルス感染者数推定

※武漢コロナウイルスを日本で発生したウイルスであるかのような表現まで使いだした支那共産党に抗議の意を表明するために新型肺炎を武漢肺炎、新型コロナウイルスを武漢ウイルスと表記しています。

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にした推定感染者数算出  2020年3月10日

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

現在のダイヤモンドプリンセス基準算定致死率は1.0%です。

2020年3月10日 昼の国別感染者数・死者数・推定感染者数
worldmeter corona virusから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.01

感染者、死者、致死率(下の桁切り捨て)
696人、7人、  1.0% ダイヤモンドプリンセス

順位 感染者数  ======死者数=======推定感染者数
第1位 80,754人(+0.02%)、3,136人(+0.5%)、313,600人  (チャイナ) 
参考  11,808人(+8.1%)、525人(+23.4%)、52,500人  (EU連合)
第2位 9,172人(+19.6%)、463人(+19.6%)、 46,300人 (イタリア)↑
第3位 7,513人(+1.7%)、54人(+1.9%)、5,400人 (韓国) 

第4位 7,161人(+8.3%)、237人(+18.1%)、23,700人 (イラン)
第5位 1,412人(+14.4%) 、30人(+36.7%)、3,000人  (フランス)
第6位 1,231人(+45.2%) 、30人(+43.3%)、3,000人 (スペイン)↑
第7位 1,224人(+15%) 、2人(+100%)、200人  (ドイツ)
第9位 708人(+23.7%) 、27人(+18.5%)、2,700人 (米国)
第10位 530人(+5.3%)、9人(+22.2%)、900人  (日本) 

第11位 332人(19.3%) 、2人(50%)、200人  (スイス)
第12位 321人(13.4%) 、5人(40%)、500人  (英国)
第13位 160人(+6.3%) 、0人(+0%)、***人  (シンガポール)  

第14位 116人(+0.9%) 、3人(+0%)、300人  (香港)

国別の値と状況
感染者数(前日増加比)、死者数(前日増加比)、推定値

第1位 チャイナ
80,754人(+0.02%)、3,136人(+0.5%)、313,600人←大嘘

チャイナ共産党が発表する数値は大嘘です

チャイナ国内の情報をほぼ統制出来たため、チャイナは既に危機を脱したと信じ込んでいる中国人も増えています。
問題は日本のマスゴミがチャイナが発表する数値をそのまま報道しているため、日本国内にもチャイナのプロパガンダに騙されている人が増えていることです。
武漢ウイルスのおかげでチャイナに関する真の情報に接して改めてチャイナ情報戦の恐ろしさを感じました。
支那人は韓国より遥かに巧妙な情報操作をおこないますから気が付いた時にはチャイナの経済的植民地となり香港やウイグルのような状況に陥る可能性もあります。

武漢ウイルスは世界中にリーマンショックどころではない深刻な経済危機をもたらし、日本もこれからたいへんな時期に突入することになります。

ただ、武漢ウイルスのおかげでチャイナに関する真の情報が増え、チャイナの巧妙な情報操作に気が付く人が急増した側面もあります。
それに武漢ウイルスはチャイナ共産党政権に深刻なダメージを与えてくれましたから日本人の多くがチャイナの悪だくみに気付いて日本政府が方針転換する時間稼ぎが出来たとも言えます。

感染者増加率が0.02%、死者増加率は0.5%だそうです
ネットをほぼ抑えきったチャイナ国内の支那人は騙せても、さすがに世界は騙せないでしょう。なんだか破れかぶれの朝日新聞に似てきました。(^^♪

幻の第2位 EU連合
11,808人(+8.1%)、525人(+23.4%)、52,500人

感染者の移動を制限するという国境の役割を考えるとEU連合は一つの大国とも言えますのでEU連合を集計してみました。(上の表にある国のみ)

推定感染者のグラフは死者の増加が加速していることを示します、これから感染者も急増すると予測されます。

第2位 イタリア
9,172人(+19.6%)、463人(+19.6%)、 46,300人

イタリアが2位になりました、医療が崩壊しているとのニュースもあり武漢化する恐れもあります。

感染者と推定感染者の差が開いているのは感染の勢いが激しく検査と医療の体制が追い付いてないことを示しています。

第3位 韓国
7,513人(+1.7%)、54人(+1.9%)、5,400人

あいかわらず推定感染者が感染者を下回っていて擬陽性の人が多くいるか、医療崩壊で致死率が高くなっていることを示しています。


感染者増加の勢いは頭打ちで大騒ぎした効果が出ているのかもしれません。

 

第4位 イラン
7,161人(+8.3%)、237人(+18.1%)、23,700人

感染者数が韓国に迫っています。

増加の勢いをみるとまもなく韓国を追い越すのは間違いないでしょう。

第5位 フランス
1,412人(+14.4%) 、30人(+36.7%)、3,000人

フランスも韓国を超える勢いで感染者が増加しています。
まだ1000人台ですがいずれ韓国を超える可能性があります。

 

 

第6位 スペイン
1,231人(+45.2%) 、30人(+43.3%)、3,000人

スペインの感染者数がドイツを超えました。

感染増加の勢いも激しくEU全体が深刻な状況です。

第7位 ドイツ
1,224人(+15%) 、2人(+100%)、200人

ドイツも感染拡大の勢いが止まりません。
感染者に比べて死者が非常に少ないのが特徴ですが、これから亡くなる方も増えるのかもしれません。

第9位 米国
708人(+23.7%) 、27人(+18.5%)、2,700人

米国も社会格差が大きく十分な医療を受けられない人が多い国なので、隠れた感染者が発見されて感染者数が急増しているのでしょう。

第10位 日本
530人(+5.3%)、9人(+22.2%)、900人

死者がまた二名増えました。
ただし諸外国に比べて感染者数増加の勢いは緩やかです。

今後感染者数と推定感染者数の差が徐々に縮まるならば、致死率一定を根拠にした感染者数の推定があたっていることになり、現時点で日本に数千人もの潜在感染者がいるという恐れは杞憂になります。

第11位 スイス
332人(19.3%) 、2人(50%)、200人

第12位 英国
321人(13.4%) 、5人(40%)、500人

EUを脱退しても武漢ウイルスを完全にはシャットアウト出来ないのが細菌兵器の怖さです。

感染者と推定感染者の差が少ないということは感染者をもれなく見つけているということを意味します。

第13位 シンガポール
160人(+6.3%) 、0人(+0%)、***人

華人の多いシンガポールでこの感染者数は驚きです。
国の清潔さが感染者数の増加を抑える1要因となっているのなら、日本にとっても心強いケースです。

第13位 香港
116人(+0.9%) 、3人(+0%)、300人

チャイナの一部である香港が本当に感染拡大を抑えているのか、チャイナの各省のように数値を操作しているのかどちらでしょうか。

2020年3月9日 武漢ウイルス各国感染者数の推定

※武漢コロナウイルスを日本で発生したウイルスであるかのような表現まで使いだした支那共産党に抗議の意を表明するために、新型肺炎を武漢肺炎新型コロナウイルスを武漢ウイルスと表記することにしました。

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にした推定感染者数算出  2020年3月9日

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

ダイヤモンドプリンセスで感染された方がまた一名お亡くなりになったため、算定基準致死率が1.0%になりました。

2020年3月8日 昼の国別感染者数・死者数・推定感染者数
worldmeter corona virusから

感染者マップよりworldmeterの方が集計が簡単なのでデータ参照先を変更しました。
同時刻のデータに多少の食い違いはありますがほぼ同じデータとなっています。

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.01

順位、感染者、死者、致死率(下の桁切り捨て)
第7位 696人、7人、  1.0% ダイヤモンドプリンセス

順位 感染者数  ======死者数=======推定感染者数
第1位 80,735人(+0.1%)、3,119人(+0.7%)、311,900人  (チャイナ) 
参考  9,624人(+13.7%)、402人(+35.6%)、40,200人  (EU連合)
第2位 7,382人(+3.4%)、53人(+5.7%)、5,300人 (韓国) 

第3位 7,375人(+20.2%)、366人(+36.3%)、 36,600人 (イタリア)
第4位 6,566人(+11.3%)、194人(+25.3%)、19,400人 (イラン)
第5位 1,209人(+21.5%) 、19人(+15.8%)、1,900人  (フランス)
第6位 1,040人(+23.1%) 、0人(+0%)、***人  (ドイツ)
第8位 674人(+22.1%) 、17人(+41.2%)、1,700人  (スペイン)
第9位 540人(+18.1%) 、22人(+13.6%)、2,200人 (米国) ↑
第10位 502人(+8.2%)、7人(+14.3%)、700人  (日本) ↓

第11位 332人(19.3%) 、2人(50%)、200人  (スイス)
第12位 278人(24.8%) 、3人(33.3%)、300人  (英国)
第13位 150人(+8%) 、0人(+0%)、***人  (シンガポール)  

第14位 115人(+6.1%) 、3人(+33.3%)、300人  (香港)

国別の値と状況
感染者数(前日増加比)、死者数(前日増加比)、推定値

第1位 チャイナ
80,735人(+0.1%)、3,119人(+0.7%)、311,900人←大嘘

チャイナ共産党が発表する数値は信頼性皆無です

軍と警察を大量投入した武漢の情報をほぼ完全に抑えて国内向けのプロパガンダを大量に流したせいで、チャイナは既に危機を脱したと信じ込んでいる中国人も増えて危険な日本から家族を呼び戻そうとする人もいるようです( ´∀` )
中国人が自主的に渡航自粛をしてくれるのは日本にとってありがたいことですが、在日・チャイナマネーに汚染された日本のメディアを立て直すための第一歩として電波オークションの早期導入が必要です。

感染者増加率が0.1%、死者増加率は1%未満になるような数値を捏造しているようです。(^^♪

幻の第2位 EU連合
9,624人(+13.7%)、402人(+35.6%)、40,200人

EU連合内は自由に人の行き来が出来るという制度が仇となってEU内での感染者が急増しています。
感染者の移動を制限するという国境の役割を考えるとEU連合は一つの大国とも言えますのでEU連合を集計してみました。(上の表にある国のみ)

推定感染者の増加率が感染者を上回っているため、これから感染者が急増すると予測されます。

第2位 韓国
7,382人(+3.4%)、53人(+5.7%)、5,300人

推定感染者が感染者を下回っていて擬陽性の人が多くいると思われます。
3位のイタリアと激しいデッドヒートを繰り広げていますが感染者増加の勢いはイタリアを下回っているためもうすぐ3位か4位になる見込みです。

推定感染者が公表された感染者数を下回って推移しているのは、火病の韓国らしくて良いですね。

第3位 イタリア
7,375人(+20.2%)、366人(+36.3%)、 36,600人

僅差で韓国に2位を譲りましたが死者数の増加が激しいのが心配です、明日には韓国を超えるでしょう。

感染者と推定感染者の差が開いているのは感染の勢いが激しく検査と医療の体制が追い付いてないことを示しています。

第4位 イラン
6,566人(+11.3%)、194人(+25.3%)、19,400人

イタリアに次いで感染者が多く出ています。
政情の不安定さを考えると感染者と死者が見落とされている可能性があり、イタリア以上に深刻な状況なのかもしれません。

第5位 フランス
1,209人(+21.5%) 、19人(+15.8%)、1,900人

感染者数と死者数が着実に増えています。
EU諸国の感染者数が大幅に増えてEU解体に動きが加速する可能性があります。

推定感染者が減っているのはダイヤモンドプリンセスで亡くなった方があり、計算の根拠となる致死率が上がったためです。

第6位 ドイツ
1,040人(+23.1%) 、0人(+0%)、***人

ドイツも感染者数が大幅に増えています。
感染者が250人を超える国は全て亡くなった方がいる中で、1,000人を超える感染者数で死者0となっています。
チャイナならこっそり埋めて知らんぷりをしますがドイツではまさかそんなことは無いと思うのでドイツの特殊要因を知りたいものです。

第8位 スペイン
674人(+22.1%) 、17人(+41.2%)、1,700人

EU圏内のスペインも感染者急増です。

第9位 米国
540人(+18.1%) 、22人(+13.6%)、2,200人

感染者数が日本を抜き、死者数は日本の3倍を超えました。
米国も格差が大きく貧困層は十分な医療が受けられないため今後の動きが心配です。

第10位 日本
502人(+8.2%)、7人(+14.3%)、700人

死者が一名増えましたが検査体制の充実にともない感染者数もゆっくり増えています。

感染者数が推定感染者に近づくにつれて増え方が穏やかになるようであれば、致死率一定を根拠にした感染者数の推定があたっていることになり、日本に数千人もの潜在感染者がいるという恐れは杞憂になります。

第11位 スイス
332人(19.3%) 、2人(50%)、200人 

EUと距離を置いているスイスも少しづつ感染者が増えています。

第12位 英国
278人(24.8%) 、3人(33.3%)、300人

EUを脱退しても武漢ウイルスを完全にはシャットアウト出来ないのが細菌兵器の怖さです。

感染者と推定感染者の差が少ないということは感染者をもれなく見つけているということを意味します。

第13位 シンガポール
150人(+8%) 、0人(+0%)、***人

発表値に間違いが無いのであれば、チャイナに近く、華人の多いシンガポールで感染をこのレベルで抑えているのは驚きです。

第13位 香港
115人(+6.1%) 、3人(+33.3%)、300人

チャイナの一部である香港が本当に感染拡大を抑えているのか、チャイナの各省のように数値を操作しているのかどちらでしょうか。

2020年3月6日 武漢ウイルス各国感染者数の推定

※武漢コロナウイルスを日本で発生したウイルスであるかのような表現まで使いだした支那共産党に抗議するため、新型肺炎を武漢肺炎新型コロナウイルスを武漢ウイルスと表記することにしました。

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にして各国の推定感染者数を算出してみました  2020年3月6日

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

2020年3月6日 昼の国別感染者数・死者数・推定感染者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.008

順位、感染者、死者、致死率(下の桁切り捨て)
第5位 696人、6人、  0.8% ダイヤモンドプリンセス

順位 感染者数  ======死者数=======推定感染者数
第1位 80,552人(+0.2%)、3,042人(+1%)、380,250人  (チャイナ) 
第2位 6,284人(+8.2%)、40人(+12.5%)、5,000人 (韓国) 
第3位 3,858人(+19.9%)、148人(+27.7%)、 18,500人 (イタリア)
第4位 3,513人(+16.8%)、107人(+14%)、13,375人 (イラン)
第6位 545人(+51.9%) 、0人(+0%)、***人  (ドイツ)
第7位 423人(+32.6%) 、7人(+42.9%)、875人  (フランス)
第8位 360人(+8.1%)、6人(+0%)、750人  日本 

第9位 282人(+21.3%) 、3人(+33.3%)、375人  (スペイン)
第10位 233人(+31.8%) 、12人(+8.3%)、1,500人 (米国)
第11位 119人(-%) 、1人(-%)、125人  (スイス)
第12位 117人(+6%) 、0人(+0%)、***人  (シンガポール) 

第13位 116人(-%) 、1人(-%)、125人  (英国)
第14位 105人(+0%) 、2人(+0%)、250人  (香港)

国別の値と状況
感染者数(前日増加比)、死者数(前日増加比)、推定値

第1位 チャイナ
80,552人(+0.2%)、3,042人(+1%)、380,250人

チャイナ共産党が発表する数値は信頼性皆無です


軍と警察を大量投入した武漢の情報をほぼ完全に抑えて国内向けのプロパガンダを大量に流したせいで、チャイナは既に危機を脱したと信じ込んでいる中国人も増えて危険な日本から家族を呼び戻そうとする人もいるようです( ´∀` )
中国人が自主的に渡航自粛をしてくれるのは日本にとってありがたいことですが、チャイナの報道を伝える際に必ず「チャイナ共産党はこのように主張していますが」という枕詞をつける台湾をはじめとした外国のニュースと異なり、チャイナの発表をそのまま垂れ流す日本のマスゴミには危機感を覚えます。

在日・チャイナマネーに汚染された日本のメディアを立て直すための第一歩として電波オークションの早期導入が必要です。

第2位 韓国
6,284人(+8.2%)、40人(+12.5%)、5,000人

検査数しか誇るものがなく闇雲に検査したせいか世界中で韓国だけ推定感染者数が感染者数より少なくなっていますが死者が増えて公表値と推定値の開きが少なくなってきました。
国際法も知らないどうしようもない民族ではあるものの、チャイナのようにずる賢くないので意図的に数値をごまかそうとしてはいないように見えます。

第3位 イタリア
3,858人(+19.9%)、148人(+27.7%)、 18,500人

感染者数の増加率(19.9%)を死者の増加率(27.7%)が上回っていて公表値と推定値の差がさらに開きました。
今後も感染者が急増することを暗示しています。

第4位 イラン
3,513人(+16.8%)、107人(+14%)、13,375人

感染者死者数、ともにイタリアを下回っていますが現地の病院が深刻な状況になっているというニュースがありました。

いずれにしろ、既にパンデミックと言える状況になっています。

第6位 545人(+51.9%) 、0人(+0%)、***人  (ドイツ)
第7位 423人(+32.6%) 、7人(+42.9%)、875人  (フランス)

第6位 ドイツ
545人(+51.9%) 、0人(+0%)、***人

ドイツが日本を抜いて6位にランクインしました。
フランスを超える死者が出てもおかしくない感染者数ですが、特殊要因がなければ今後死者も増えると考えられます。

第7位 フランス
423人(+32.6%) 、7人(+42.9%)、875人

感染者数と死者数が着実に増えて日本を抜いて7位になりました。
EU諸国の感染者数が大幅に増えてEUのマイナス面に気が付く人が増え、武漢ウイルス騒動が沈静化した後もEU解体に向けての原動力になりそうです。

第8位 日本
360人(+8.1%)、6人(+0%)、750人

死者は増えず感染者数は微増です。

チャイナからの入国を全面遮断していないことを考えると驚くほど少ない数値です。
今後死者が急増することがなければ、日本人の民族性と衛生状態の良さが世界でもトップレベルにあることの証明となります。

第9位 スペイン
282人(+21.3%) 、3人(+33.3%)、375人

米国を抜いてスペインが9位になりました。
EU諸国の感染者数が大幅に増えていやでもEUのマイナス面に気が付く人が増えるでしょう。
ひょっとしたら武漢ウイルス騒動が沈静化する前にEU内の自由な人の移動を制限する動きが顕在化するかもしれません。

第10位 米国
233人(+31.8%) 、12人(+8.3%)、1,500人

感染者数はまだ増えていませんが死者数が着実に増えています。
スラム街やホームレスの存在など底辺で暮らす人たちの検査が遅れているためだとすれば今後感染者と死者がさらに拡大する可能性があります。

第11位 スイス
119人(-%) 、1人(-%)、125人

国民皆兵のスイスも細菌兵器に対する守りは不十分だったということでしょうか。
近いうちにEUの枠組みに対する不満と議論が巻き起こることでしょう。

2020年3月4日 各国感染者数の推定

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にして各国の推定感染者数を算出してみました  2020年3月4日

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

2020年3月4日 21:00の国別感染者数・死者数・推定感染者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.008

順位 感染者数(前日比)、死者数、推定感染者数
第1位 80,270人(+119)、2,981人(+37)、372,625人  (チャイナ) 
第2位 5,621人(+809)、28人(+0)、3,500人 (韓国) 
第3位 2,502人(+476)、79人(+27)、 9,875人 (イタリア)
第4位 2,336人(+835)、77人(+11)、9,625人 (イラン)
第5位 705人(+0)、6人(+0)、 750人 ダイヤモンドプリンセス

第6位 293人(+19)、6人(+0)、750人  日本 
第7位 212人(+21) 、4人(+1)、500人  (フランス)
第8位 203人(+38) 、0人、***人  (ドイツ)
第9位 165人(+45) 、1人(+1)、125人  (スペイン)
第10位 127人(+22) 、9人(+3)、1,125人 (米国)
第11位 110人(+2) 、0人、***人  (シンガポール) 

第12位 102人(+2) 、2人(+0)、250人  (香港) 

国別の値と状況  (公表値、死者数、推定値)

第1位 チャイナ
80,270人(+119)、2,981人(+37)、372,625人

チャイナ内外の情報とこれまでの共産党政府の行状から見て公表している数値は全くあてになりません。
武漢全市の火葬場が24時間フル稼働して、追加で特殊焼却設備搭載車両40数台が新たに投入されたという情報から武漢だけでも死者数は数万人を超え感染者集数百万人の可能性があります。

第2位 韓国
5,621人(+809)、28人(+0)、3,500人

世界中で韓国だけ推定感染者数が感染者数より少なくなっています。
他の国では公表された感染者数より推定感染者数が多く、発見できてない感染者の存在を示していますが、韓国だけは推定感染者数より公表された感染者数が多くなっています。
検査がいいかげんなことと、感染者に対する補助金目当ての感染者がいるせいではないでしょうか。

死者数が増えていないのに感染者数が増え推定感染者数との差が大きくなっているのも韓国特有の不思議な点です。

第3位 イタリア
2,502人(+476)、79人(+27)、 9,875人

感染者数の増加率(19%)を死者の増加率(34%)が上回っており、今後感染者が急増する見込みです。

第4位 イラン
2,336人(+835)、77人(+11)、9,625人

感染者数はイタリアに近づいていますが死者数はイタリアを下回りました。

第5位 ダイヤモンドプリンセス
705(+0)人、6(+0)人、 750人

ダイヤモンドプリンセスを基準にした計算ですが、年齢構成の偏りを考慮して致死率を切り捨てているため推定感染者数が多くなっています。

第6位 日本
293人(+19)、6人(+0)、750人

死者は増えず感染者数は微増です。

日本の推定感染者数は750人で、既に多量の支那人が日本国内を移動していたことを考えると巷の予想を裏切る少ない数値です。
今後死者数が急激に増えることがなければ、日本人の民族性と衛生状態の良さが有利に働いていると考えられ、日本を非難していた西欧諸国が日本の安全性を見直すことになるでしょう。

第7位 フランス
212人(+21) 、4人(+1)、500人

感染者数と死者数が着実に増えていて、日本と同じレベルになる可能性があります。

第10位 米国
127人(+22) 、9人(+3)、1,125人

感染者数はそれほど増えていませんが死者数が急増して日本を上回りました。
今後検査体制の充実とともに日本以上に感染者が増える可能性があります。

各国感染者数の推定 2020年3月3日のデータから

ダイヤモンドプリンセスのケースを基準にして各国の推定感染者数を算出してみました

感染者数推定の論拠はこちら
ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

2020年3月3日 17時の国別感染者数・死者数・推定感染者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.008

順位 感染者数(前日比)、死者数、推定感染者数
第1位 80,151(+125)人、2,944(+32)人、368,000人  (チャイナ) 
第2位 4,812(+600)人、28(+6)人、3,500人 (韓国) 
第3位 2,036(+342)人、52(+18)人、 6,500人 (イタリア)
第4位 1,501(+523)人、66(+12)人、8,250人 (イラン)
第5位 705(+0)人、6(+0)人、 750人 ダイヤモンドプリンセス

第6位 274(+18)人、6(+0)人、750人  日本 
第7位 191(+61)人 、3(+1)人、375人  (フランス)
第8位 165(+30)人 、0人、***人  (ドイツ)
第9位 120人 、0人、***人  (スペイン)
第10位 108(+2)人 、0人、***人  (シンガポール) 

第11位 105(+19)人 、6(+4)人、750人 (米国)
第12位 100(+2)人 、2(+0)人、250人  (香港) 

国別の値と状況  (公表値、死者数、推定値)

第1位 チャイナ
80,151(+125)人、2,944(+32)人、368,000人  

武漢全市の火葬場が24時間フル稼働しても間に合わず、特殊焼却設備搭載車両40数台が新たに投入された状況から武漢だけでも死者数は数万人を超えるオーダーだと考えられます。(感染者集数百万人?)

第2位 韓国
4,812(+600)人、28(+6)人、3,500人

不思議なことに韓国だけ推定感染者数より公表感染者数が少なくなっています。
他の国では公表感染者数より推定感染者数が多く、発見できてない感染者の存在を示していますが、韓国だけは推定感染者数より公表感染者数が多くなっています。

理由として考えられるのは検査を大慌てでやっていることと、被害者コスプレが好きな国民性と、感染者に対する補助金の相乗効果で公表感染者数が実態以上に増えていることですが、推定感染者数と公表値の差は縮まっています。

第3位 イタリア
2,036(+342)人、52(+18)人、 6,500人

死者数が多くしかも急増しているのでそのうち感染者数も韓国を追い越すと考えられます。

第4位 イラン
1,501(+523)人、66(+12)人、8,250人

イランではイタリア以上の死者が発生しています。
感染者数がイタリアに近づいていますが、推定感染者数を見るとイタリア・韓国を抜いて世界第2位の感染国になる勢いです。

第5位 ダイヤモンドプリンセス
705(+0)人、6(+0)人、 750人

ダイヤモンドプリンセスを基準にした計算ですが、年齢構成の偏りを考慮して致死率を切り捨てているので推定感染者数が多少多くなっています。

第6位 日本
274(+18)人、6(+0)人、750人

日本の推定感染者数は750人で、既に多量の支那人が日本国内を移動していたことを考えるとこれは驚くほど少ない数値です。
今後死者数が急激に増えることがなければ、日本人の民族性と衛生状態の良さが有利に働いていると考えられます。
今後死者数が急激に増えることがなければ日本を非難していた西欧諸国が日本の安全性を見直すことになるでしょう。

第7位 フランス
191(+61)人 、3(+1)人、375人

感染者数が増え、死者数も微増でちょっと危ない雰囲気があります。

第11位 米国
105(+19)人 、6(+4)人、750人

感染者数はそれほど増えていませんが死者数が急増しているのが気になります。
感染者数の急増を暗示しているようにも見えます。

各国感染者数の推定 2020年3月2日のデータから

※感染者推定の根拠は記事の最後にあります。

2020年3月2日 13:30の国別感染者数・死者数・推定感染者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.008

順位 感染者数、死者数、推定感染者数
第1位 80,026人、2,912人、***人 China(チャイナ) ???
第2位 4,212人、22人、2,750人 South Korea(韓国) ↑↑↑ 
第3位 1,694人、34人、 4,250人 Italy(イタリア) ↑↑ 
第4位 978人、54人、6,750人 Iran(イラン) ↑↑
第5位 705人、6人、 750人 ダイヤモンドプリンセス

第6位 256人、6人、750人  日本  ↑
第7位 130人 、2人、250人  France(フランス) ↑
第8位 130人 、0人、***人  Germany(ドイツ) ↑
第9位 106人 、0人、***人  Singapore(シンガポール) ↑

第10位 98人 、2人、250人  Hong Kong(香港) ↑
第11位 86人 、2人、250人  US(米国) ↑

国別の値と状況  (公表値、死者数、推定値)

第1位 チャイナ

80,026人、2,912人、*人 (3月2日)
 79,251人、2,835人 ,*人(2月29日)
チャイナの公表値は無意味なので感染者は推定しません。
武漢全市の火葬場が24時間フル稼働しても間に合わず、特殊焼却設備搭載車両40数台が新たに投入された状況から武漢だけでも死者数は数万人を超えるオーダーだと考えられます。(感染者集数百万人?)

第2位 韓国

4,212人、22人、2,750人(3月2日)
2,931人、13人、1,625人(2月29日)

不思議なことに韓国だけ推定感染者数より公表感染者数が少なくなっています。

他の国では公表感染者数より推定感染者数が多く、発見できてない感染者の存在を示していますが、韓国だけは推定感染者数より公表感染者数が多くなっています。
さすが想像の斜め上をいく韓国の面目躍如といったところです。

その理由として考えられるのは

(1)韓国人は汚染に強いなどの理由で致死率が低い

真面目に考えれば韓国だけ致死率が低いということはあり得ないと思います。

(2)武漢肺炎による死者数を隠蔽している

チャイナ共産党がやっていることですが、韓国の国民性を考えるとこれもないでしょう。

(3)でたらめな検査と国民性で擬陽性の感染者が多数いる

時間をかけても不正確な検査を大慌てでやっていることと、被害者コスプレが好きな国民性と、感染者に対する補助金の相乗効果で公表感染者数が実態以上に増えている可能性が最も高いでしょう。

第3位 イタリア

1,694人、34人、 4,250人(3月2日)
889人、21人、 2,500人(2月29日)

2月29日時点で死者に対する公表感染者数が少なかったので「まだ検査体制が追い付いていないのでしょう。」とコメントしましたが、やはり感染者数が倍増しています。
死者数も急増しているのでいずれ感染者数も韓国を追い越すでしょう。

第4位 イラン

978人、54人、6,750人(3月2日)
388人、34人、4,250人(2月29日)

イランではイタリア以上の死者が発生しています。
イタリアより多数の潜在的感染者がいるということなので検査体制が追い付けば韓国イタリアを抜いて世界第2位の感染国になる勢いです。

第5位 ダイヤモンドプリンセス

705人、6人、 750人(3月2日)
705人、6人、 750人(2月29日)

ダイヤモンドプリンセスを基準にした計算ですが、年齢構成の偏りを考慮して致死率を切り捨てているので推定感染者数が多少多くなっています。

第6位 日本

256人、6人、750人(3月2日)
234人、5人、625人(2月29日)

日本の推定感染者数は750人です。
日本全国には数千から数万の潜在的感染者がいると煽っている人がいますが、死者数から推定すると1,000人もいないことになります。
既に多量の支那人が日本国内を移動していたことを考えるとこれは驚くほど少ない数値です。
日本人の民族性と衛生状態の良さが有利に働いていると考えられ、
西欧諸国の感染者数が急増している中で日本の死者数と感染者数が穏やかに増加するようであれば、ウイルス対策においても日本の安全性が見直されることになるでしょう。

第7位 フランス

130人 、2人、250人(3月2日)
57人 、2人、250人(2月29日)

推定するには誤差の大きい死者数ですがこれから感染者が増加する可能性はあります。

第8位 ドイツ

130人 、0人、***人(3月2日)

イタリアで感染者数が急増して人の移動が自由なEUすべての国に感染拡大するきざしかもしれません。
英国が抜けて揺らいでいるEU体制へ追い打ちをかけるダメージとなるでしょう。

第9位 シンガポール

106人 、0人、***人(3月2日)
96人 、0人、***人(2月29日)

感染者は微増していますが、いちはやく厳しい処置を取ったシンガポールで死者が発生していないのはさすがです。

第10位 香港

98人 、2人、250人(3月2日)
94人 、2人、250人(2月29日)

シンガポールより感染者の増加はおだやかですが既に死者も発生していて予断を許さない状態です。

第11位 米国

86人 、2人、250人(3月2日)
64人 、0人、***人(2月29日)

検査が始まったばかりで予断を許さない状態です。

※感染者推定の根拠

標準致死率がわかれば死者数から感染者数が推定できる

正確な感染者数が把握できる集団があれば標準的な致死率がわかります。
ウイルスによる致死率はウイルスの種類によってだいたい決まっています。
致死率の変動要因は年齢・健康状態・遺伝子特性など対象者の特質によるものと医療体制がどれほど整っているかという外部環境で、そのどちらも統計的に見積もることができます。

ダイヤモンドプリンセスのデータから日本の潜在的感染率を推定する

ダイヤモンドプリンセスのケースでは全乗員の動向が正確に把握されていますから、下船時の検査が陰性であったとしてもその後のトレースで感染者であることは把握されます。
つまりダイヤモンドプリンセスのケースから得られる致死率は現在のところ世界で最ももっともらしいデータと考えられます。

2020年3月2日現在の標準致死率

6 ÷ 705 = 0.0085 ≒ 0.8%

現段階で感染者705名死者6名と発表されていて乗客には高齢の方が多いことから致死率が多少高めになることを考慮して下の桁を切り捨てて標準致死率を0.8%として潜在感染者数の推定をおこないます。

各国感染者数の推定 2020年2月29日のデータから

標準致死率がわかれば死者数から感染者数が推定できる

正確な感染者数が把握できる集団があれば標準的な致死率がわかります。
ウイルスによる致死率はウイルスの種類によってだいたい決まっています。
致死率の変動要因は年齢・健康状態・遺伝子特性など対象者の特質によるものと医療体制がどれほど整っているかという外部環境で、そのどちらも統計的に見積もることができます。

ダイヤモンドプリンセスのデータから日本の潜在的感染率を推定する

ダイヤモンドプリンセスのケースでは全乗員の動向が正確に把握されていますから、下船時の検査が陰性であったとしてもその後のトレースで感染者であることは把握されます。
つまりダイヤモンドプリンセスのケースから得られる致死率は現在のところ世界で最ももっともらしいデータと考えられます。

2020年2月29日13:00現在の標準致死率

6 ÷ 705 = 0.0085 ≒ 0.8%

現段階で感染者705名死者6名と発表されていて乗客には高齢の方が多いことから致死率が多少高めになることを考慮して下の桁を切り捨てて標準致死率を0.8%として潜在感染者数の推定をおこないます。

2020年2月29日 13:00の国別感染者数・死者数・推定感染者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

推定感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.008

※前の投稿ではは地域別感染者数を集計しましたが、チャイナの公表値は信用できず無意味なので国別集計に変更しました。

順位 感染者数、死者数、推定感染者数
第1位 79,251人、2,835人、—人 China(チャイナ) ???
第2位 2,931人、13人、1,625人 South Korea(韓国) ↑↑↑ 
第3位 889人、21人、 2,500人 Italy(イタリア) ↑↑ 
第4位 705人、6人、 750人 ダイヤモンドプリンセス
第5位 388人、34人、4,250人 Iran(イラン) ↑↑
第6位 234人、5人、625人  日本  ↑
第7位 96人 、0人、—人  Singapore(シンガポール) ↑
第8位 94人 、2人、250人  Hong Kong(香港) ↑
第9位 64人 、0人、—人  US(米国) ↑
第10位 57人 、2人、250人  France(フランス) ↑

国別推定感染者数

チャイナ

武漢の状況からわかるようにチャイナの公表値は全く信頼がおけませんので推定感染者数は不明です

韓国

韓国は感染者死者数共に急増しパニック状態に陥っているようですが推定感染者数は公表値と大きく乖離していません。
大騒ぎにはなっているもののほぼ正確に感染者を見つけていると考えられます。
上の表の中で唯一推定感染者数が発表値を下回っていますが最新のニュースによると17番目の新型肺炎関連でお亡くなりになったかたがあるそうなので、それを基にした2,125名の方が正しそうです。

それでも推定感染者数より発表数が多いのは大慌てで検査した結果、感染していない人を検査ミスで感染者にカウントしている可能性があります。韓国ならさもありなんと納得できるのが笑えるというか、いやいや、お気の毒な状況です。

イタリア

イタリアの推定感染者数は公表値の3倍近くなっています。
まだ検査体制が追い付いていないのでしょう。

ダイヤモンドプリンセス

ダイヤモンドプリンセスを基準にした計算ですが、年齢構成の偏りを考慮して致死率を切り捨てているので推定感染者数が多少多くなっています。

イラン

イランではイタリア以上の死者が発生しています。
推定感染者は発表値の10倍以上いると考えられますし、治安の悪さを考慮に入れると死者もさらに多い可能性があります。

日本

日本の推定感染者数は625人です。
発表値の3倍近くありますが誤差を考慮しても最大1,000人程度でしょう、来日中国人と人口の多さを考えると意外に少ない数値と言えます。
日本で大きなパニックが発生していないことと衛生状態の良さが有利に働いているのかも知れません。

シンガポール

いちはやく厳しい処置を取ったシンガポールで死者が発生していないのはさすがです。

香港

推定するには誤差の大きい数値ですがこれから感染者の発見が拡大するきざしなのかもしれません。

米国

検査が始まったばかりで不明な状況です

フランス

香港と同じく推定するには誤差の大きい数値ですがこれから感染者の発見が拡大するきざしなのかもしれません。

 

ダイヤモンドプリンセスでわかる潜在感染者数

ダイヤモンドプリンセスの感染状況は貴重なデータ

大型クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号で新型コロナウイルス感染が蔓延し2020年2月27日現在で乗客乗務員合わせて約3700人中705名の方が陽性になり4名が亡お亡くなりになっています。
運悪くこのクルーズに参加されて長期間不安の中で隔離生活を強いられた乗客と乗務員の方々には「お気の毒でした」としか申し上げる言葉がありません。

日本のマスゴミはこの件で防疫に不手際があったことだけを取り上げて嬉々として日本をおとしめ政権を叩く報道だけを繰り返していますが、実はダイヤモンドプリンセスの状況は疫学上貴重なデータでもあるのです。

国外向けだけに発表されている国立感染症研究所のデータ

奇妙なことに国立感染症研究所という我が国の研究機関が英語でダイアモンドプリンセスのケースについて英語で詳細なデータを発表しているのですがこの件に関する日本語のページは存在しないようです。

Field Briefing: Diamond Princess COVID-19 Cases

おそらく、ダイヤモンドプリンセスのケースに関して客観的で詳細なデータを発表すると「隔離されて感染した人を実験材料として扱うつもりか」などと左巻き知識人からクレームがくることを恐れてのことだと思いますが、まことに残念で下らない配慮です。

チャイナ武漢では都市全体がダイヤモンドプリンセスに似た状況に陥っていると考えられますが、支那共産党が軍の情報部隊まで投入して情報隠蔽を図っているため正確なデータが公表されることはありませんから、ダイヤモンドプリンセスのけーすは実に貴重なデータなのです。

ダイヤモンドプリンセスのケースから日本の潜在的感染率を推定する

見逃している潜在的感染者数がどれだけいるのかを把握するのは非常に困難です。
例えば「日本には既に数万人以上の感染者がいるに違いない」という主張を明確に否定する根拠はありませんからそのような噂が蔓延すれば各地でパニックがおきることも考えられます。

ダイヤモンドプリンセスでは感染者の見落としがほぼない

ダイヤモンドプリンセスのケースには世界的な注目が集まり後手後手であったにしろ手厚いサポート体制がありましたから、下船時の検査が陰性であったとしてもその後のトレースで感染者であることは把握されます。

普通は潜在的感染者が重症化してから陽性と判定されることも多くありますが、ダイヤモンドプリンセスは潜在的感染者も含めて感染者数の見落としがないという貴重なケースなのです。

致死率と死者数から感染者数が逆算できる

正確な感染者数が把握できる集団があれば標準的な致死率がわかります。
ウイルスによる致死率はウイルスの種類によってだいたい決まっています。
致死率の変動要因は年齢・健康状態・遺伝子特性など対象者の特質によるものと医療体制がどれほど整っているかという外部環境で、そのどちらも統計的に見積もることができます。

つまり、新型コロナウイルスの致死率がわかれば死者数からおおよその感染者数を逆算できるということです。
もしその集団に高齢者が疾患を抱える人が多ければ一般的な致死率はそれを考量して調整することができます。

普通の国では新型肺炎による死者数は正確に把握できる

チャイナや北朝鮮などを除いた普通の国で新型肺炎による死者数が実際の数と大きく異なることはありません。
何故なら死亡時には医者が必ず死因を特定するので、新型コロナウイルス感染が陽性でなかった人でも死因が肺炎やコロナウイルス特有のものであれば厳密にウイルス検査をするからです。
もし、それを見逃せば医療従事者自身の感染リスクとなるので保身のためにも厳密な検査が実施されます。

ダイヤモンドプリンセスで感染した人の致死率

2020年2月28日のダイヤモンドプリンセス感染者数は705名、死者数4名ですから致死率は 4 ÷ 705 ≒ 0.0057 (0.57%)となります。
幸い死者数がそれほど多くないので統計的データとしては誤差が大きくなりますが新型コロナウイルスの標準致死率としては世界で最も確からしいデータです。

クルーズ船の乗客は高齢の方が多いので一般社会の年齢構成より致死率が高めに出る傾向がありサンプル数が少ないので切り捨てて標準的な致死率0.5%とすれば日本の潜在感染者を算出する目安として使えるでしょう。

日本の推定潜在感染者数 2020年2月28日のデータ

潜在感染者数(致死率逆算感染者数) = 死者数 ÷ 0.005

順位 感染者数、死者数、潜在感染者数
第01位 78,824人、2,788人、557,600人 China(チャイナ)
第02位 2,022人、13人、2,600人 South Korea(韓国) ↑ △
第03位 705人、4人、800人 Others(ダイヤモンドプリンセス) ↑ △
第04位 655人、12人、2,400人 Italy(イタリア) ✖
第21位 270人、26人、5,200人 Iran(イラン) ✖

第23位 214人、4人、800人   Japan(日本)  △

〇 公表感染者数と致死率逆算感染者数がほぼ等しい
△ 致死率逆算感染者数がやや多い(多少の見逃しあり?)
✖ 致死率逆算感染者数が異常に多い(医療崩壊または検査不足)

※前回チャイナの省別データを使ってみましたがチャイナ公表値はあてにならないので国単位の集計にしました。

日本の潜在感染者数は800人なので見逃しはありそうですが、チャイナからの渡航者を全面禁止していない割には安心できる数値ではないでしょうか。

 

中国以外の国は流行を抑える「準備が全くできていない」

チャイナの犬WHOが吠える

中国以外の国は準備が出来てないっ!!!

新型ウイルス、欧州3か国で初確認 WHO、世界の準備不足に警告

2020年2月26日 5:27 発信地:ジュネーブ/スイス [ スイスオーストリアクロアチアヨーロッパ ]

 中国に派遣された国際専門家チームを率いたブルース・エイルワード(Bruce Aylward)氏は、ジュネーブにあるWHO本部で開いた記者会見で、中国以外の国は流行を抑える「準備が全くできていない」と指摘。
「さらに大きな規模でこれに対処する準備をしなければならない。それも、迅速に」と述べ、すべての国は「これがあす、私たちを襲うかのように準備」しておく必要があると述べた。(c)AFP

チャイナみたいに大都市武漢を封鎖して軍や警察を送って住民が家から一歩も出られないようにして、感染者は病院という名の収容所に隔離して死にかけたら息があっても焼却処理をしろっていってます?

そりゃあチャイナとか北朝鮮じゃないと出来ませんがな。
チャイナ凄い凄い(悪い意味で)

武漢肺炎:日本の潜在感染者数を死者数から推定

日本政府の無策で感染者数を隠蔽しているのか

新型コロナウイルス(武漢肺炎)が急拡大して韓国がパニックに陥っています。

韓国ネチズンは「韓国は検査体制が整っているから感染者数を把握できている(誇らしいニダ)、日本は検査できないから感染者数が少ないだけニダ」と発狂し、日本マスゴミの寵児玉川某も「日本も全数検査が出来ない訳ではない、しないのは安倍政権の怠慢である」と見当違いの煽り発言をしています。

現段階では一万人を超える人に対して正確な検査を実施しようとすると検査技師が過労死するほどの手間が必要で、無闇に感染確定者を増やせば医療崩壊につながりかねないという現状に対して医療関係者は綱渡りを強いられているのが世界各国の実情で、日本はかなりうまくやっているといってもいいでしょう。

チャイナはまだ息のある人を焼却処分できる政治体制ですからチャイナの対応は参考になりません。

 

全体の致死率0.6%と死者数から感染者数を逆算する(2020年2月26日18:00のデータから)

今のところ標準致死率は0.6%程度だそうです。

日本の場合死者の武漢ウイルスを見逃す可能性は低いと思われますし、
医療崩壊を起こしている武漢は別として、普通の国では致死率が大きく変動する要因はないでしょうから標準致死率を使って死者数から逆算すれば潜在的感染者数を見積もることが出来るでしょう。

つまり、逆算した潜在的感染者数と公表された感染者数が大きく違わなければ日本に予想外の危機が迫っている可能性は低いと考えてよいことになります。

万一、多数の潜在的感染者が発生しているのに死者数が少ないのであれば日本人の民度と日本の医療が新型コロナウイルスのリスクを抑え込めているということなので、やはりむやみに恐れる必要はなくなります。

JOHNS HOPKINSの感染マップにチャイナ各省と各国の感染者数死者数が日々更新されているのそれを基に一覧表を作ってみました。

2020年2月26日18:00現在の地域別感染者数・死者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップから

致死率逆算感染者数 = 死者数 ÷ 0.006

順位 感染者数、死者数、致死率逆算感染者数
第01位 65,187人、2615人、435,833人 Hubei(湖北省)
第02位 1,347人、7人、1,167人  Guangdong(広東省)
第03位 1,271人 、19人、3167人 Henan(河南省)
第05位 1,205人 、1人、167人  Zhejiang(浙江省)
第04位 1,146人、12人、2000人 South Korea(韓国) △
第06位 1,016人 、4人、667人  Hunan(湖南省)
第07位 989人 、6人、1000人 Anhui(安徽省)
第08位 934人 、1人、167人  Jiangxi(江西省)
第09位 756人、6人、1000人  Shandong(山東省)
第10位 691人、3人、 500人 ”Diamond Princess”(ダイヤモンドプリンセス)〇

第15位 400人 、4人、667人  Beijing(北京市)
第17位 322人、10人、 1667人 Italy(イタリア) ✖
第23位 170人、1人、167人   Japan(日本)  〇
第29位 95人、16人、2667人 Iran(イラン) ✖

〇 公表感染者数と致死率逆算感染者数がほぼ等しい
△ 致死率逆算感染者数がやや多い(多少の見逃しあり?)
✖ 致死率逆算感染者数が異常に多い(医療崩壊または検査不足)

※チャイナ公表値はあてにならないので無視しています

日本の致死率逆算感染者数は標準に近い

結果として日本の致死率逆算感染者数と公表感染者数に大きな違いはなく、感染者数をほぼ正確に把握しているものと考えられます。

前回の集計より死者数が増えて韓国の致死率逆算感染者数はやや多くなっています。感染者の見落としが増えているような傾向です。

イタリア・イランには不安要素がある

イタリア・イランは死者数に対して公表感染者数が大幅に少なく、多数の感染者を把握しきれていないか医療システム崩壊(武漢化)で死者が増えている可能性があります。

 

新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の死者数と感染者数

新型コロナウイルスの感染者が世界中に広まっています

チャイナの公式発表が怪しいのはもちろんですが、検査に数時間以上の時間がかかり検査精度も50%を下回ることから、チャイナ以外の国でも正確な感染者数は把握できていないと思われます。

日本政府は検査をしないことで感染者数を隠蔽している?

アベガー勢力は日本政府が意図的に検査数を抑えることで感染者数を隠蔽しているとの主張を繰り広げています。
技術的な問題と医療崩壊を防ぐための取り組みから十分な検査が出来ていないのは事実で、私も日本の各都市にどのくらいの感染者が潜んでいるのかを考えると不安がないと言えばうそになります。

全体の致死率0.6%と死者数から感染者数を逆算する

現段階での標準致死率は0.6%程度だそうです、少なくとも日本では新型肺炎が原因で死んだ人の死因を見逃す可能性は低いので標準致死率を使って死者数から感染者数を逆算して比較すれば潜在的な感染リスクを見積もれるのではないかと考えました。

死者数による逆算感染者数と発表されている感染者数に大きな違いがなければ多数の感染者を見逃している可能性は低いと考えられます。

万一多数の潜在的感染者が発生しているのに死者数が少ないのであれば、日本人の民度と日本の医療が新型コロナウイルスのリスクを抑え込めるということなので、やはりむやみに恐れる必要はなくなります。

JOHNS HOPKINSの感染マップにチャイナ各省と各国の感染者数死者数が日々更新されているのそれを基に一覧表を作ってみました。

日本・韓国の死者数感染者数の比率は標準値だが韓国の先行きは不明

結果として日本・韓国では逆算感染者数と実際の感染者数に大きな違いはなく、感染者数をほぼ正確に把握しているものと考えられます。
ただし、韓国の場合ダイナミックに感染が拡大している段階なので将来的にどのようになるかは予測不能です。

イタリア・イランには不安要素がある

イタリア・イランは死者数に対して公表感染者数が大幅に少なく、多数の感染者を把握しきれていないか医療システム崩壊(武漢化)で死者が増えている可能性があります。

2020年2月26日現在の地域別感染者数・死者数
JOHNS HOPKINSリアルタイム感染者数マップによる

※1 動画による状況証拠からみて感染者死者共に1~3桁の範囲で隠蔽されている可能性があります。
医療崩壊及び共産党政府が人命を無視して事態の収拾を図っていることにより死者の比率が大幅に増えています。

※2 パニックによる医療崩壊もしくは多数の感染者を見逃している可能性があります。

※3 不十分な医療もしくは多数の感染者を見逃している可能性があります。

地域 感染者 死者 逆算感染者数
1. Hubei 湖北省 65,187 2,615 435,833.3 ※1
2. Guangdong 広東省 1,347 7 1,166.7
3. Henan 河南省 1,271 19 3,166.7
4. Zhejiang  浙江省 1,205 1 166.7
5. South Korea 韓国 1,146 10 1,666.7
6. Hunan 湖南省 1,016 4 666.7
7. Anhui 安徽省 989 6 1,000
8. Jiangxi 江西省 934 1 166.7
9. Shandong  山東省 756 6 1,000
10. Diamond Princess 691 3 500
11. Jiangsu 江蘇省 631 0 0
12. Chongqing 重慶市 576 6 1,000
13. Sichuan 四川省 531 3 250
14. Heilongjiang 黒竜江省 480 12 2,000
15. Beijing 北京市 400 4 666.7
16. Shanghai  上海市 336 3 250
17.  Italy イタリア 322 10 1,666.7 ※2
18. Hebei 河北省 312 6 1,000
19. Fujian 福建省 294 1 166.7
20. Guangxi チワン族自治区 252 2 333.3
21. Shaanxi 陝西省 245 1 166.7
22. Yunnan 雲南省 174 2 333.3
23.  Japan 日本 170 1 166.7
24. Hainan 海南省 168 5 833.3
25. Guizhou 貴州省 146 2 333.3
26. Tianjin 天津市 135 3 250
27. Shanxi 山西省 133 0 0
28. Liaoning 遼寧省 121 1 166.6
29. Iran イラン 95 16 2,666.7 ※3
30. Jilin 吉林省 93 1 166.7
31. Gansu 甘粛省 91 2 333.3
32. Singapore シンガポール 91 0 0
33. Hong Kong 香港 85 2 333.3

 

 

電波オークションが実現すれば消費税減税が可能になる

電波オークション推進の声をあげよう

電波オークションにかんする話題は反日マスゴミにとって最も触れて欲しくないテーマです。

反日マスゴミ集団を切り崩すためには、電波オークションの実現を望む声を集めて政府に要望して電波オークションの導入を実現させることがとても有効な手段です。

消費税増税に関する報道に関していえば、消費税を導入したのは安倍政権が悪いという報道ばかりで本当の黒幕である財務省に対する非難をするTV新聞は全くありませんでした。

政権としては支持率の低下につながる消費税の導入は出来るだけ避けたいのが本音で、財政破綻がどうのこうのといっても自分たちの任期中におきる可能性がある切実な問題としては国民の支持率の方がはるかに大切です。
あの手この手で政権を虐めようとする財務省に押し切られて止む無く消費税を導入したのが実情なのですが、大手メディアがそれについて一切報道しないことが現在の日本にとって最大の問題であり、電波オークションの導入はその問題解決のための有力な手段となるのです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」は可能性の薄い連鎖ですが、電波オークションの導入には消費税減税を後押しする大きな効果があります。。
一人でも多くの方に電波オークション導入の声をあげていただきたいと願います。

電波オークションの導入が必要な理由

(1)電波オークションの導入は消費税減税につながる

電波オークションを導入すれば年間数千億円の財源になるからその分消費税を減税できるという説が前回電波オークションに関する議論が盛り上がった時に出ていました、確かに減税の原資となる貴重な財源が得られますが、それは本質的な問題ではありません。

消費税減税を実現するためには本当の黒幕である財務省を表に引っ張り出して叩き、本音では消費税増税をしたくない政治家を応援することが不可欠なのです。
財務省を含めた官僚組織が電波利権を使って既存メディアを操って政治家との駆け引きを自分たちの有利なように進めている訳で、電波オークションの導入は官僚組織の最大の武器を奪うという意味があるのです。

(2)電波オークションに反対する合理的な理由はない。

TV業界にとって電波オークションは死活問題ですから、以前麻生政権で電波オークションが検討されたときには「麻生総理はカップラーメンの値段もしらない。」などの幼稚な印象操作まで持ち出してマスコミ全てでヒステリックに政権を叩いて、政権を引きずり落とすことに成功しました。
注目すべきは「電波オークションの是非」についてまともに討論すればTV業界に勝ち目がないので徹底的な論点そらしとイメージ操作で政権攻撃をしたということです。
つまり、電波オークション導入に反対する合理的な理由などないからマスゴミは話題そらし作戦でごまかすしかなかったいうことです。
情報が多様化しマスゴミの報道しない自由作戦の効力が失われつつある今、電波オークション導入に関する話題がもういちど盛り上がれば電波オークション導入に賛成する人が大多数を占めることは間違いありません。
ブログ・Youtube・Twitterなどニュースソースが多様化している現在、再び政府が電波オークションの導入を検討することになり多くの人が電波オークションに関心を持つことにより様々な意見を発信するようになれば、日本国民にとって電波オークションの導入を躊躇する理由などないということがより明らかになるでしょう。

(3)電波オークション導入は反日マスゴミ弱体化の特効薬

反日勢力に乗っ取られたTV・新聞は反日プロパガンダのツールに成り下がり、自称公共放送のNHKも潜り込んだ在日・左翼勢力によって巧妙な反日報道を繰り返しています。
民主主義国家日本では正攻法でメディアの反日勢力を追い出し日本のために働くメディアに変えるのはハードルが高く実現の可能性はほとんどありません。

ただ、メディアの多様化により企業が宣伝広告費を出す相手はTVや新聞からネットに移り、TVは資金難で番組の質を落としそれによりさらにTVの宣伝広告費が減るという悪循環に陥っています。
電波オークションの導入で電波税の出費が加われば傾きかけている既存TV局の経営にさらなるダメージを与えることが出来ます。

(4)電波活用方法の見直しが日本の活性化に役立つ

現在まで電波はグローバルな情報伝達手段ととして考えられ、活用されてきましたが、現在ではグローバルな情報伝達手段としてはネットの方がはるかに優れたメディアになりました。
多様な情報発信が可能で地球の裏側の情報にも手が届き自動翻訳が言語の壁も崩そうとしている今、マスメディアとしての電波の必要性は無くなってしまったのです。
別の見方をすると全国に張り巡らされた電波網を少数の既得権で守られた情報発信者が握っているために情報が偏向し質が落ちるという問題の本質であると言えます。

スマホを持たないお年寄りの家でもTV受像機はあり、TVからの情報なら殆どの家庭に届くというメリットが電波というメディアにはありますし、家のテレビは見なくてもカーナビ付属のTVで番組を見ている人もいます。
電波オークション導入で電波資源を細かい地域単位で再分配すれば、民間企業が地域単位の情報サービスに活用することができますし、地方自治体で緊急情報の伝達や地域コミュニティの情報伝達にTVを活用するなどの色々なアイデアがうまれ地域活性化に大いに役立つはずです。

 

チャイナのスパイに侵略されて危機を迎えている日本

チャイナの残虐なプロパガンダ手法

少し古いニュースソースですがチャイナ共産党が警察を使って焼身自殺を
装って人を焼き殺し法輪功弾圧のプロパガンダを行ったとの疑いがある
動画を見つけました。

当然武漢肺炎騒動でもフェイク動画を使って、如何に共産党政権が頑張っているかを宣伝する動画を作っています。

下の動画は日本のマスゴミでもやりそうなレベルのフェイクニュースですが上の動画を見ると支那共産党の残虐さとなりふり構わないプロパガンダ手法に驚からされます。

日本国内で暗躍するチャイナのスパイ

Youtubeで検索すれば支那の驚くべき惨状と武漢肺炎の感染者数死者数をごまかしているのではないかと疑われる証拠がいくらでも見つかりますが、日本のマスゴミはこれらを一切報道していません。
また、チャイナへの進出と投資を勧める内容をしつこく宣伝してきたメディア日経には、この危機でチャイナからの速やかな退避を助言する義務がありそうなものですが、そのような報道を一切行っていません。

つまり日経を始めとするTV新聞などのメディアはチャイナのスパイに好きなように操作されているということです。

一日も早いスパイ防止法の制定を望むところです。

電波オークション推進の声をあげよう

とはいっても、司法界・大学・マスゴミが反日勢力と支那のスパイに操られている現状ではスパイ防止法の制定は一朝一夕にはいかないのも事実です。

反日マスゴミ集団を切り崩す一歩として電波オークションの実現を望む声を集めて政府に要望し、電波オークションを実現させることが有効な手段です。

その具体的な根拠については長くなるので別の稿で書きます。

アベノセイダースが新型肺炎対策の足を引っ張る

感染経路の不明な新型肺炎が続々と見つかり、日本国内のあちこちでヒステリックな声が上がり始めています。
一番怖いのはパニックになった人たちが病院に押しかけて医療崩壊を引き起こすことです。武漢を地獄にしたのは、もともと貧弱な医療リソースと自分勝手な支那人の民族性です。
逆に言えば医療崩壊さえ引き起こさなければ新型肺炎もそれほど深刻な被害を及ぼすことはない可能性が高いのです。

国民がパニックになって医療崩壊を引き起こすことを防ぐために政府はCMを打ったりしていますが、なんでもかんでもアベノセイダースの野党はそれにさえケチをつけて罵っています。

日本の官僚主義が迅速な対応を阻む

一人前の社会人なら誰にでもわかることですが、社会集団が危機に立ち向かう際にリーダーだけに責任を押し付けていては現場は混乱するばかりです。
特に日本は「唯一成功した社会主義」と揶揄されるように有能な官僚たちの組織が国政運営の中心となっています。

官僚組織はそつなく国を運営していますが、権威主義に陥りがちであり自分たちの権益を守るために景気を犠牲にしても国民に増税を押し付けるというマイナス面があり、危機に際しては自己防衛の意識から迅速な対応を取れない傾向があります。

危機に迅速に対応できるチャイナ共産党政権

チャイナでは新型肺炎の拡散を防ぐために武漢を完全封鎖し、病院と銘打った収容所を管理するために軍が投入されたそうです

また、武漢では火葬場で処理できない遺体を野焼きしている疑いもあります

習近平の命令で武漢1100万人を完全に隔離し逃げ出そうとする人は射殺て死体にガソリンをかけて野焼きに出来る共産党政権だから迅速な対応が取れるのであって、人権に縛られる民主主義国家ではリーダーだけが頑張っても対策が遅れがちになるのはいかんともしがたいところがあります。

非常事にも政府の足を引っ張ることしかしない反日議員に対しても丁寧に対応しなければならない民主主義国家では首相といえども意のままに組織を動かすことは出来ず法に縛られた官僚が事態の収拾にあたるしかありません。

非常時にはとりあえず政権を応援するべき

なんでもかんでも安倍首相のせいにして国会を空転させる反日野党と、自民党内に潜り込んでいる支那のスパイのような議員がいる中で、ミスはあっても政府は国民のために新型肺炎を抑え込もうと努力しています。

マスゴミや在日界隈の連中は日本が混乱することが嬉しいらしく新型肺炎=神風邪ということまで言い出して大喜びで安倍政権を叩いています。

民主主義国家日本では反日に染まり切った人のプロパガンダでも取り締まることは出来ませんから、普通の日本人はツイッター・SNS・ブログなどでもっともっと思ったことを発信すべきではないかと思います。

私も含めてチャイナに対する安倍政権の対応がてぬるいとかいう不満は殆どの人が持っているでしょうから、それをそのまま発信すれば良いのです。

ただ、「安倍の独裁をやめさせろ」とか「憲法改正に利用している」とかとち狂った意見でなく「2Fを自民党から追放せよ」や「権威主義の厚労省官僚を更迭せよ」など実際に対策の足を引っ張っている連中を批判すれば良いのです。

普通の日本人の素直な意見があふれることで左翼のプロパガンダが目立たなくなり、在日に侵食されたマスゴミの浄化にもつながると思うこの頃です。